利用しないともったいない?! 補助金をオンライン化へ活用する

補助金

国や市町村からでてる補助金の中で、なんとオンライン化や集客にも活用できる補助金があるんです。

小規模事業者持続化補助金(一般型&低感染リスク型ビジネス枠)

上記補助金に申請し採択されれば、ホームページ作成、宣伝広告費(雑誌 ・ネット)、専門家かからのアドバイス(コンサルティング)等の幅広い用途に使用できます。

去年の中小企業庁からでてた以下パンフレットにも、がっつりと
「ブランド力を高めたい」
「商品を宣伝したい」
「HPを開設したい」

って書かれてるので、このブログを見た対象者の方が活用しないのは、とーーってももったいない。

小規模事業者持続化補助金

<令和2年度の中小企業庁のパンフレット>

補助される金額も一般型は上限50万(補助率3分の2)、低感染リスク型ビジネス枠は上限100万(補助率4分の3)とかなりの金額。

世間にはあまり知られていないのが実情で、僕もたまたま知って、今年、創業した人も対象で僕も対象だったので、申請してみました。正直な所、わかりずらい所や専門用語の多さで(僕の国語力のなさから)制度の1/10も理解できずに、申請をあきらめかけました。。。。

しかし、補助金申請の勉強会に参加し専門家のサポートをうけて、なんとか無事に低感染リスク型ビジネス枠(第一回 締切:5/12)へ申し込み、無事採択されました!!

補助金申請のサイト自体にかかれていることがわかりにくかったので、調べた情報を今回はまとめてブログにしました。
(それでも、必然的に漢字が多くて、読みづらい。。。)

結論から先に書くと、、、はじめて申請される方は、専門家(行政書士等)に相談したほうがいいです。早くて採択率のアップする申請書の書き方のアドバイスをもらえます。

独学のみでの申請は無理ゲーに近い。。

目次

小規模事業者持続化補助金って何?

中小企業向け補助金・総合支援サイト ミラサポPlusによると、

持続化補助金は、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。この制度は、商工会、商工会議所のサポートを受けながら経営計画書、補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後、所定の補助を受けます。

だそうです。

わかりにくいけど、小規模事業者が販路開拓(マーケティング活動)や売上げ向上の目的で利用できるってことですね。

小規模事業者って?

商工会・商工会議所の管轄内で事業を営む「小規模事業者」が対象です。
個人事業主も対象で、商工会の会員じゃなくてもOKです。

小規模事業者持続化補助金は2種類ある

補助金には、<一般型>と<低感染リスク型ビジネス枠>の2つがあります。

一般型
  • 取組例: チラシ作成、ホームページ作成、商談会への参加、店舗改装 等
  • 補助率: 3分の2
  • 補助上限額: 50万円
  • 参考サイト:https://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/
低感染リスク型ビジネス枠
  • ⼩規模事業者等が経営計画を作成して取り組む、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、⽣産プロセスの導⼊等の取組、及びその取組に資する感染防⽌対策への投資を⽀援。
  • 補助率:4分の3
  • 補助額上限:100万円
  • 参考サイト: https://www.jizokuka-post-corona.jp/

受付締切期限

それぞれ、受付締切があります。申請書作成に時間がかかったり、専門家に相談も必要なので1ヶ月の余裕を持って早めに申請したほうがいいです。

電子申請のシステムが不安定で締切前日〜当日はシステムエラーで申し込みできない場合があります。【低感染リスク型ビジネス枠】の第一回目は、そのシステムエラーで申請が保留になった人が多数いたようです。


【一般型】

第5回:2021年 6月4日(金)
第6回:2021年10月1日(金)
第7回:2022年 2月4日(金)
第8回:2022年 6月4日 (金)
第9回:2022年10月1日 (金)

第10回:2023年 2月4日(金) ⇒ 申請受付中(2022/01/19 Update)

【低感染リスク型ビジネス枠】
第1回:2021年 5月12日(水)
第2回:2021年 7月 7日(水)
第3回:2021年 9月 8日(水)
第4回:2021年11月10日(水)
第5回:2022年 1月12日(水)

第6回:2022年 3月 9日(水)⇒ 申請受付中(2022/01/19 Update)

申請の流れ

STEP
電子申請で申し込む予定の方は、GビズIDを取得

低感染リスク型ビジネス枠は必ず電子申請が必須なので必ず事前取得必須です。
ID取得するには、郵送での手続きが必要ですが、申し込み数が多いのでID発行まで3〜4週間かかります。

STEP
補助金申請書を作成

各補助金のサイトで申請用紙を入手。新商品の開発や販路開拓支援を目的とする補助金なので、その点をふまえて作成する必要あり。はじめて申請する人は、この書き方が分からない。。。

STEP
補助金申請書を最寄りの商工会議所または商工会で押印をもらう

作成した申請書を最寄りの商工会議所または商工会に直接持参し、相談員の相談を受ける。
低感染リスク型ビジネス枠は任意の作業です。

STEP
作成した申請書を最寄りの商工会議所または商工会に直接持参し、相談員の相談を受ける。

低感染リスク型ビジネス枠は任意の作業ですが、やったほうが採択率が上がるかも?!

STEP
締切日までに補助金事務局に申し込む

郵送(当日消印有効)またはGビズで取得したIDを使って「Jグランツ」サイトから電子申請で申し込み

STEP
事務局から審査結果の通知

審査は書面審査のみ。申し込みから結果通知まで2ヶ月ほどかかります。申し込んだ人全員が補助金を受けられるとは限りません。

STEP
採択された補助事業を実施

補助対象期間までに新商品の開発や販路開拓事業を完了する。費用は全て精算払いです(先出しです)

STEP
事業完了後に報告書を事務局へを提出する
STEP
事務局から補助金が交付

FAQ

申請するに当たっていろいろと調べたので、FAQ形式で以下まとめまてます。

「一般型」と「低感染リスク型ビジネス枠」は何が違うの?

「低感染リスク型ビジネス枠」は、新型コロナウイルス感染症 感染防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する 前向きな投資を行い、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を 支援するため、それに要する経費の一部を補助 する補助金です。

電子申請って使えるの?

<一般型>は郵送または電子申請の両方で可能、<低感染リスク型ビジネス枠>は電子申請のみでの申請です。

電子申請は補助金申請システム(名称:Jグランツ)を利用します。Jグランツを利用するには「GビズIDプライムアカウント」の取得が必要だけど、取得に3~4週間程かかります。なお、「低感染リスク型ビジネス枠」の応募申請を行う事業者に限っては、早期の発行が可能な「暫定GビズIDプライムアカウント」での申請が可能です。

小規模事業者持続化補助金(一般型)で事業内容によっては、上限が100万円に増えるって聞いたけど本当?

以下の条件に満たせば100万が上限になるようです。

– 市町村による創業支援事業の支援を受けた事業者

– 法人設立日が令和2年1月1日以降の法人または開業届の開業日が令和2年1月1日以降の個人事業主

ただし、細かい条件が定められてて全て満たす必要があるので、事前に商工会議所や商工会に相談しておくのが良いです。

小規模事業者持続化補助金(一般型)を申し込む時に、商工会議所や商工会の相談員から助言を受ける必要があるって聞きました。その時にどんなアドバイスを受けることができるんですか? ゼロから一緒に作成すれば絶対通る?!

A:ゼロから一緒に作成支援というのは難しいようです。

応募者の多い大人気の補助金なので相談員の方が1人1人丁寧に助言するのは
時間や人員面で限界があります。通りやすくなるように助言してくれるのではなく申し込むにあたって書類に不備がないか、形式面を中心に助言してくれます。

また、商工会の会員じゃなくても対応してもらえます。(僕は非会員だけど対応してもらえました)

小規模事業者持続化補助金に落ちた場合に、次回にもう一度申請できる?

再挑戦可能です。

小規模事業者持続化補助金の採択率ってどれくらい?

中小企業庁が公表した採択率の実績は以下の通り

令和三年度の<低感染リスク型ビジネス型>

1回目 採択率45%
2回目 採択率53%
3回目 採択率62%
4回目 採択率70%

一般型もコロナ型も、年度で確保されている補助金の限度額が決まっているので、年度末にかけて採択率が下がってます。なので早めの申請が必要です。

目次
閉じる