【LINE公式アカウント】ブロックされちゃう理由とは?

LINE公式アカウントを運用していると、どうしても気になってしまうもの、それは

「ブロック」

一生懸命配信しているのに、配信したらブロックされたら悲しい気分になりますよね。
このブログでは、LINE公式アカウントのブロックについて、必要な考え方やブロックを防ぐ為の対策方法についてご紹介します。

目次

ブロックって何?

ブロックとは、LINE公式アカウントをブロックしたユーザーの人数を表す値です。個人でLINEしている方はご存じの方がほとんどだと思います。

LINE Official Account Managerの分析タブからブロック数を確認できます。
ブロックされた場合に加算され、ブロックが解除された場合は値が減少します。

UntitledImage

ちなみに、お友だちを会社/店舗側からブロックすることも可能です。詳細は以下ブログを参照。

ブロックはされてしまうものなんです

まずは「ブロック」に対する認識から改めていきましょう。結論から言うと、LINE公式アカウントのブロックはある意味仕方のないこと。

人によって友だち登録した経緯も目的もバラバラです。「クーポンの情報が欲しい」「おトクな情報だけ知りたい」というユーザーもいれば、「商品の情報が知りたいだけ」というユーザーもいます。また、物理的に行けなくなったり、必要の無くなったサービス(例えば、結婚相談所は結婚したら不要ですよね)をブロックするのは、自然な事ですよね。

いろんな考え方のユーザーがいる中で、万人受けする配信やサービスを行うのはほぼ不可能です。一定数ブロックするユーザーがいるのは仕方のないことだと割り切ることが重要となります。

ブロック率の平均

LINE公式アカウントの平均ブロック率は、おおよそ30%程度です。ただし、業種やアカウントの用途によってばらつきがあり、飲食店アカウントのブロック率は比較的高めだと言われています。

ブロック率診断としては、↓のような感じです。

~10%未満:素晴らしい。
10~20%未満:なかなかGOOD。
21%~30%未満:平均、やや多い。
30%以上:多い。危険。
50%以上:嫌われてます。。。

ブロックの理由

ブロックするユーザーは少なければ少ないほどうれしいですよね。こちらは、ある程度ブロック率を抑えて効果的に友だち数を増やしていくことは可能です。

まずは「なぜユーザーはLINEを公式アカウントをブロックしてしまうのか」というのを見ていきましょう。

配信数が多い

率直にいうと、ガンガン配信されると「ウザい」ということですね。日常からLINEを使用している方は、分かると思います。

LINEは開封率が平均60%と、メールと比べて格段に高いです。そして、メッセージが配信されるとLINEの通知が届くので、LINEアプリを開いてメッセージを見に行く、という流れが一般的です。見に行く回数が多ければ、有益なメッセージだとしてはも面倒くさいと感じちゃって、ブロックに繋がりやすくなります。

自分に関係ない内容が多い

「男性なのに女性向けの商品案内が送られてくる」など、自分には興味がない、関係のない配信が続いた場合は、「通知を受け取って確認する」のが煩わしくなり、ブロックしたくなる気持ちが高まってしまいます。

配信が売り配信のみ

商品やサービスの案内、頻繁なクーポンの案内しかしていない。ビジネスをする上で一見、当たり前のように見えますよね。

でも、商品やサービスを購入するタイミングも人それぞれですぐに買ってくれる人もいれば、もっと商品やサービスのことも知りたいと思っている人もいます。売り配信だけしていると、まだ購入する気分になっていない見込み客には、飽きられたりうざがられたりするのでブロックにつながります。

その店舗・サービスを今後利用しない

友だち限定クーポンやスタンプ欲しさに登録したけど、「もうそのお店には行かない/サービスは使わない」という場合も考えられます。その場合は、クーポンやスタンプをゲットした後に、すぐにブロックする、という友だちもいるでしょう。

ブロックのメリット

実は、ブロックされることにはメリットもあるんです。

「一斉配信の対象者が減って、コストが削減される」ということ。

※LINE公式アカウントのプランによって無料配信できる数が限られてますので、詳しくは以下ブログを参照ください

コスト削減を考えると、製品やサービスを購入後にリピートの可能性が低い友だちには、ブロックされた方が良い場合もあります。ビジネス形態によって異なりますが、不動産、保険、ウェディング、出産関連はリピート率が低いです。

なので、ブロックを0に近づけることを重視するのではなく、リピートの可能性がある友だちからのブロックを防ぐことを意識していきましょう。

ブロックを防ぐ方法

では、どうすればLINE公式アカウントのブロックを防ぐことができるのでしょうか?

配信頻度を工夫する

配信頻度は多すぎても良くないですが、少なすぎると逆にユーザーとの距離がどんどん離れてしまいます。そうなると、久しぶりに配信したときにブロックされてしまう、ということもあります。

目安としては、週に1回、月4回のペースぐらいの配信。(LINE社がオススメしている頻度です)

でも、これはあくまでも目安なので、自身の店舗の状況や特性に合わせて、その都度配信頻度を調整していくとよいでしょう。

配信内容を工夫する

ブロックされる理由の所でも書きましたが、売り配信だけではブロックに繋がりやすい傾向にあります。

LINE公式アカウントは有益な集客ツールなので、長期間使用していくものと考えて、お友だちに愛されるアカウントに育てていきたいですよね。

売り配信だけではなく、その会社や店舗の魅力を伝えたり、おもしろさを加えた配信をしたり、配信の中身にもバランスを取っていくことが大事なんです。そのLINE公式アカウントのファンになってもらうことで、リピート率を増やしたりとお客さんと長期付き合うことができます。

ぜひ、愛されるアカウントに育てていく意識を持って配信していきましょう。

配信先の友だちを絞る

「自分に関係がない」と思われる情報は、なるべく配信しないようにすることが重要です。

LINE公式アカウントには、セグメント配信とタグ付け配信いう友だちを絞り込んで配信する機能が2つあります。どちらもLINE公式アカウントで無料で使える機能です。

セグメント配信

UntitledImage

LINE側で用意している属性(性別、地域、年代など)を絞り込んで、該当する友だちのみにメッセージを配信する方法です。
沖縄県だのユーザーに送信したり、女性だけに送信するということが簡単に行うことできます。

タグ付け配信

UntitledImage

お友だちひとりひとりにタグというシールのようなものをつけて、同じタグがついている友だちだけにメッセージを配信できます。「4/5のセミナー参加者」、「A商品を購入」など、タグは自由につけることができます(1人 最大10個まで)

まとめ

ブロックされてしまう理由とその対策についてお話してきましたが、一番重要なことは会社や店舗のファンになってもらうことです。その為には、ファンになってもらえるように配信内容と配信頻度を工夫することで、親近感や愛着感がわいて結果的にはブロックされることは少なくなります。

「お友だち視点で考える」と配信の工夫するポイントがいろいろ見つかるはずなので、是非、一度、本ブログを参考にして配信方法について見直してみてくださいね。

目次
閉じる